使い捨てコンタクトの種類と疑問

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使い捨てコンタクトには、ワンデータイプ、2ウィークタイプ、1か月タイプがあります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、ライフスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。

ワンデータイプ(1日使い捨て)
清潔度は高いですが、コストパフォーマンスは低いです。
外出時のみの使用など使用頻度が限られている方でも無駄にならず、手入れも不要なので便利です。もしもレンズが破れてしまったりしても、取り換えをしやすいというメリットもあります。

2ウィークタイプ(2週間使い捨て)
清潔度はユーザーの手入れの仕方により変化し、コストパフォーマンスは高すぎず安すぎず普通です。なぜ2週間かと言うと、たんぱく質除去剤を使用する洗浄の仕方がちょうどよく不要な時期ということです。しかし、毎日の洗浄液を使用した手入れは必須となります。

1ヶ月タイプ(1ヶ月使い捨て)
清潔度は2週間使い捨てタイプと同様、ユーザーの手入れの仕方により変化します。コストパフォーマンスは高いです。取り替え忘れもすくなく、レンズ事態にかかるコストが安く済みます。ただし、日々のケアでたんぱく質除去剤を使用しなければいけなくなり、清潔度が最もユーザーによって変わってしまうタイプでもあります。

自分用に組み合わせも可能

どれか1つ選ぶのではなく、組み合わせて使うことも可能です。
旅行などの出先ではコンタクトレンズの補充が難しいため、1日使い捨てを日数分以上持っていく。そして普段は2週間使い捨てタイプを使用する。といった使い方もできます。コストを重視するのであれば、1ヶ月使い捨てタイプがいいですね。

使い勝手重視なら1日使い捨てタイプ、お金をかけたくないなら1ヶ月使い捨てタイプ、どちらでもない方はバランスのとれた2週間使い捨てタイプを選ぶのがベストではないでしょうか。