カラコンの使用期限を守ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンタクトレンズを着用する人が増えている今、目のトラブルも増えています。
「まだ使える!」と思って使用期限を過ぎたものを使っていると、眼病などトラブルの原因になってしまう可能性もあるのです。
通常のコンタクトレンズでも、カラーコンタクトレンズでも、同様のことが言えます。

では、カラーコンタクトレンズの使用期限の種類や使用期限守らないとどうなるか、説明していきます。

カラーコンタクトレンズの使用期限の種類

・1 day
1日のみの使用期限で、朝に装着したものは外したらそのまま処分します。

・2 week
開封後2週間が使用期限になります。
使用したレンズは毎日ケアを行い、保存液で保存する必要があります。

・1 month
開封後1ヶ月が使用期限になります。
こちらも、毎日のケアを行う必要があります。

・1 year
開封後1年が使用期限になります。
カラコンでこのタイプは少ないため、探すのは難しいかも知れません。
毎日のケアは勿論必要になります。

使用期限と言うのは、開封してからの期限のことになります。
装着した日数が少なくても、期限が来たら処分をしなければいけません。
もしも開封したけど使わないまま期限がきてしまったとしても、期限が過ぎたことになってしまうので、注意が必要です。

期限が過ぎてしまったものを使用した場合

使用期限が過ぎてしまったカラーコンタクトレンズでも、見た目が急激に変化することもないので、使えるような気がしてしまいます。
そのようなコンタクトの使い方をした場合のリスクを説明します。

一番怖いのは、細菌による眼病に感染してしまうことです。
期限が過ぎたものであればなおさら、細菌が付着している可能性が高くなってしまいます。

また、角膜が傷ついてしまう恐れもあります。
ただでさえ異物を入れているのに、期限が切れて弱ってしまったレンズを目に入れると割れてしまう可能性もあるのです。
感染以外にも、レンズ自体がもろくなっていることも忘れてはいけません。