カラコンを安全に使用するために

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラコンは、瞳に直接装着するものですから、安全性に気を付ける必要があります。
瞳の健康のために必要な、カラコン選びのポイントをご紹介します。

高度管理医療機器の承認

以前は、高度管理医療機器としての承認がなくとも、度なしのカラコンを手に入れることができました。しかし、その中で、様々なトラブル(視力低下・炎症など)が増えてしまったのです。
そのため、2009年11月から高度管理医療機器としての承認が必要になりました。現在、承認されているカラコンは役300種類程度になっており、安全性の高いカラコンが増えてきています。しかし、現在販売されているものすべてが高度管理医療機器としての承認を受けているわけではないのです。販売されている中には、承認されていないカラコンもあるため、購入する際には必ず承認されているものかどうか確認するようにしましょう。

カラコンの色素

カラコンは主に、サンドイッチ方式という方法で作られています。
レンズとレンズの間に色素を挟んだカラコンのことを指します。
このサンドイッチ方式は、レンズとレンズで色素を挟むことで、直接、瞳に色素が触れることないよう構造されているのです。
他にも様々な方式で色素が瞳に触れないよう注意されていますが、
それでも色素の溶出はカラコン使用の災のトラブルの1つです。
安全性の高い方式を使って作られているかどうか、事前に確認して購入しましょう。

レンズのベースカーブ

コンタクトは瞳に直接装着するものですから、付け心地は人それぞれ変わってきます。ベースカーブとは、コンタクトレンズの内側の曲率のことを指します。
人間の瞳も曲率は人それぞれ様々で、自分に合ったベースカーブのコンタクトを装着しないと、レンズが目の中で激しく移動したり、違和感も感じます。それによって眼球に傷をつけている可能性もあります。
カラコン購入前に、自分の瞳のベースカーブを眼科で診断してもらい、自分に合ったベースカーブのカラコンを使用しましょう。