アカントアメーバ角膜炎に注意しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラコンはおしゃれアイテムと考えている人も多いです。
でもお手入れをサボってしまうと、アカントアメーバ角膜炎になってしまうので注意が必要です。

qimono / Pixabay

■アカウントアメーバとは?

アカントアメーバ角膜炎になってしまう原因に、カラコンの手入れを怠っていることが挙げられます。
もともとアカントアメーバの病原性はそれほど強くはありません。
ですが、毎日手入れをしていないカラコンにはアカントアメーバが付着しやすくそのカラコンを使用することによって、必然的に目の中にアカントアメーバを入れていることになります。

■症状はどんな感じ?

アカントアメーバの初期症状としては、目の充血や異物感、普段じょりもまぶしく感じるなどがあります。
この段階で治療を行えば、それ以上悪化することなく治すことが可能ですが、もう少し様子を見るなど放置すると、徐々にいた澪が強くなり夜も眠れないほどになったケースもあります。
初期症状の段階では、結膜炎と同じような症状ではありますが、普段からカラコンを使用している場合には、アカントアメーバ角膜炎の可能性もあるので診察時にカラコンを使用していることを医師に伝えるようにしましょう。
もし、症状が出ずっと放置したままでいると、角膜に穴が開いて最悪の場合には失明の危険もあります。
この段階で治療をしたとしても、角膜に白い組織が残ったり、後遺症として視力障害になってしまうのでできるだけ早く診察を受けるようにしましょう。

■ケア方法は?

カラコンの汚れは目に見えづらいこともあって、ケアを安易に考えてしまいます。
しかし、ケアをしないと大変な病気になってしまうのでしっかりケアをするようにしましょう。
ケアの方法ですが、使用後は毎回洗浄液で洗浄しましょう。
洗浄液によっては、アカントアメーバに効果がないものもありますので、確認が必要です。
保存ケースについても、毎回洗うようにし、水道水が付着している場合はよくふき取るようにして下さい。
水道水にも、アカントアメーバがいるのでしっかりと乾かすかふき取ることが大切です。

カラコンのお手入れは面倒くさいと思ってしまいがちですが、安全に使用してオシャレを楽しむようにしましょう。