カラコンでドライアイになるかも?防ぐ方法は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん「ドライアイ」という言葉を一度は耳にしたことがありますよね。
近年ドライアイで悩んでいる方は増加しています。
カラコンを使用していると、どうしてもなりやすくなってしまいます。
そんなドライアイについての説明と防ぐ方法をご紹介したいと思います。

RyanMcGuire / Pixabay

■そもそもドライアイとは?

ドライアイとは、涙量の不足や質の悪化によって、目に十分な潤いが与えられず、乾いてしまうことを言います。
ドライアイの状態が長時間続いてしまうと、外部からの刺激を防ぐ力がなくなってしまい、目の表面そのものにダメージを加えてしまう可能性があります。

ドライアイ自体、涙の異常によって症状が発生します。
その中でもコンタクトの使用が原因の場合は、コンタクトレンズによって、目が覆われてしまい、涙の分泌が出来なくなることが考えられます。

涙は乾燥を防ぐのはもちろん、目を殺菌洗浄する役割もあります。
そういった目の健康には欠かせない働きを持った涙が少なくなってしまえば、、目に何かしらの影響が出るのは当たり前ですよね。

■ドライアイを防ぐ方法

・瞬きをすること
ここで上げている瞬きとは、無意識に行っているような瞬きではなく、意識して目をしっかりと閉じる瞬きのことです。

・コンタクトレンズ専用の目薬を使用する
専用の目薬をしようして、外部から目に直接水分を与えましょう。
目薬には対応レンズがありますので、確認してから使用しましょう。

・コンタクト装着液を使用する
装着液には目薬とは違い、レンズそのものに液を垂らすものです。役割としては、レンズの装着をスムーズにすることですが、保湿成分も含まれていますので渇き対策にも効果があります。

・目を休ませること
長時間にわたってコンタクトを使用することは、ドライアイの最大の引き金です。
目を定期的に休めることは最も重要なポイントになります。