目の病気になってしまったら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラーコンタクトをオシャレで使用する人が増えています。
つけまつげをつけるような感覚だったり、メイクの一部として必需品になっている人も多いはずです。
しかしカラーコンタクトレンズは、使い方を間違えてしまうと病気を引き起こす原因になってしまうので、注意が必要です。

■カラコンで起こる目の病気

カラコンの装用ミスで引き起こされる主な病気は以下の通りです。

・細菌性角膜炎
きちんとした使い方をしている人であればめったに発症しない病気ですが、現在増えている病気の1つです。
症状は、目の激痛、大量の目やに、白眼の充血、角膜の濁り、眩しく感じる、涙目などがあります。
細菌の種類によって、進行速度が異なりますが放置しておくとより重症になってしまう危険があります。

・アカントアメーバ角膜炎
アカントアメーバ角膜炎を発症するのは、ほとんどがコンタクトレンズを使用している人です。
使い捨てのカラコンを連続で使ったり、連続使用できるものを洗浄せずに使用すると発症します。
症状は、大量の目やに、目の激痛、涙目、白眼の充血、重症になると視力低下などがあります。

・真菌性角膜炎
カビによる角膜感染症のことです。
健康な人であればカビが角膜に侵入することはありませんが、カラコンの連続使用などで目の抵抗力が低下している人や眼病を持っている人は発症しやすい病気です。
症状は、大量の目やに、目の激痛、白眼の充血、視力の低下、涙目、角膜の白濁などがあります。

■受診するタイミング

カラコンが原因の目の病気は、進行が早いものもあります。
なので、放置する時間が長くなればなるほど、治療や根治が難しくなってしまう可能性があります。
もし、大量の目やに、白眼の充血、涙目、光を見ると目の奥に痛みを感じる、眩しく感じるなどの症状があれば早めの医療機関へ受信しましょう。

カラコンは、基本的に目に負担をかけているものです。
通常のコンタクトレンズよりも負担がかかっていることを意識して使用するようにしてください。